あらすじネタバレ感想

彼女はキレイだった|ネタバレや最終回の結末!あらすじもわかりやすくまとめ

彼女はキレイだった

韓国ドラマ「彼女はキレイだった」は豪華なキャストがドラマを最高のものにしています。

「魔女の恋愛」がヒットしたパク・ソジュン、「フルハウスTAKE2」のファン・ジョンウム。

2人は「キルミー・ヒールミー」を爆発的にヒットさせ、再びこの「彼女はキレイだった」で共演しました。

前共演作を視聴した者としては、感慨深いです。

SUPER JUNIORのチェ・シウォンやカリスマ女優のコ・ジュニなど、実力と美貌を揃えた豪華俳優陣。

脚本や映像ももちろんですが、キャストがほんといいですよ、この作品。

この記事では、これから「彼女はキレイだった」を視聴するかたのために、以下の順でお届けいたします。

  1. 「彼女はキレイだった」のわかりやすいあらすじ
  2. 最終回直前までのネタバレをわかりやすく
  3. 最終回の結末を詳細に

「彼女はキレイだった」はU-NEXT、FOD、TSUTAYA TVで無料視聴できます。

配信状況は2020年5月21日の情報です。最新状況は各配信サービスで確認してください。

\  全話イッキ見!  /U-NEXTで無料視聴31日間無料

\  全話イッキ見!  /FODプレミアム公式ページ 888円→0円

\  全話イッキ見!  /TSUTAYA TV公式ページ 30日間無料お試し

「彼女はキレイだった」あらすじ

主人公パク・ヘジンは、かつては母の遺伝子を受け継いだ美少女として人気でした。

しかし思春期に父の遺伝子も発生し、美少女ではなくなってしまいました。

そんなヘジンに、幼少期の大親友であり、初恋の相手であるチ・ソンジュンから帰国の知らせが。

喜ぶヘジンでしたが、待ち合わせの場所に行くと、ソンジュンは変わり果てたヘジンの姿に気付かないのでした。

さらには、ヘジンは太っていた幼少期とは打って変わって、絶世の美男子となっていました。

イケメンに変貌をとげたソンジュンに、美少女ではなくなった現在の自分の姿を見せられないと、ヘジンはとっさに隠れてしまいます。

親友のミン・ハリを自分の代役としてソンジュンに会ってもらうのでした。

 

ヘジンとソンジュン、大人になって昔とは全く違う容姿に。

…女性は気にしてしまいますよね。

「彼女はキレイだった」のネタバレ

親友のハリに自分の代役としてソンジュンに会ってもらったヘジン。

今後会うことのないように留学へ行くと嘘をついてもらうのでした。

その後ヘジンはインターンとして出版社の管理部で働くことに。

そこで何かの手違いで他部署の仕事をしてしまい、それが功を奏しファッション誌『モスト』に出向する事に。

なぜか分からないままデスクに着くと、そこに現れたのは副編集長として働く事になったソンジュンがいました。

ソンジュンと働く事になったヘジンは、全く異世界の業界で奔走します。

副編集長であるソンジュンにも度々叱責され、ヘジンは退職届を提出しようとします。

しかしそれも悔しいヘジンは、退職届を破り捨てるのでした。

そしてヘジンは、ソンジュンを見返すべくファッションの勉強をするのでした。

しかしソンジュンはヘジンの努力に反して厳しく指導します。

理不尽さながらの指導に、ある日ヘジンは先輩記者であるシニョクと飲みに行きます。

泥酔故に、ヘジンはソンジュンに電話をして自分がヘジンだと伝えてしまいます。

ある事件から、ハリがヘジンの代理をしていた事をソンジュンが知ります。

その途端ソンジュンはヘジンの元へ走り、2人は互いの思いをぶつけて結ばれるのでした。

ヘジンが配属された『モスト』は、廃刊の危機にありました。

ソンジュンが復活に奔走します。

廃刊を救うべく、ある人気作家のインタビューが提案されました。

その正体は、シニョクなのでした。

そしてシニョクはインタビュー記事を自ら書き上げ、廃刊を救うとモストを去りました。

モスト1位奪還は実現したものの、ソンジュンは全てはシニョクのおかげだと浮かない表情です。

しかしモストを立て直したソンジュンはアメリカには戻ることになりました。

ヘジンについてきて欲しいとソンジュンはプロポーズし、ヘジンもまたついていくと応えます。

ある日、ヘジンの元に以前取材した童話作家の先生から連絡がありました。

今度大勢の作家たちが集まり、1年くらい缶詰で一緒に本を作る事になったという企画の話をします。

その企画にヘジンも参加しないかというのです。ヘジンの夢は絵本作家。願ってもないチャンスです。

でも、ソンジュンとアメリカに行く約束があります。

「アメリカに行って結婚する」と話すヘジン。

ハリはホテル経営学の勉強に励む毎日。

キラキラ輝いて楽しそうなハリを見て、自分は夢に向かってすすんでいないことを実感してしまうヘジン。

意を決し、ソンジュンには結婚を1年待って欲しいと伝えました。

ソンジュンも賛成してくれ、指輪を渡すのでした。

アメリカへと旅立ったソンジュン。

ヘジンは幼いころの童話作家になる夢を抱いて、新しい生活がスタート。

遠距離でも毎日毎日テレビ電話で話す二人でした。

「彼女はキレイだった」最終回の結末

風邪気味のソンジュンの電話以降、中々連絡が付きません。

心配なヘジンは、色々な妄想を繰り広げてしまうのでした。

そしてやっとの思いで電話が繋がります。

電話では、ヘジンの着ている服の色を当てられ、なぜ分かるのかとソンジュンに言うと…

ヘジンの目の前にはなんとアメリカにいるはずのソンジュンが!!!

雨も構わずヘジンはソンジュンの元へ走り、抱きつくのでした。

 

ソンジュンは一時帰国でなく、完全に帰ってきたと言います。

そしてヘジンに養ってくれと頼むのでした。

真に受けたヘジンは急いで生活費の計算をします。

そんなヘジンをソンジュンは微笑ましく見るのでした。

実は『モスト』に戻ることになっていたソンジュン。編集長の後任となっていたのでした。

 

ある日ヘジンはソウルに帰ります。

実家に戻り、一家団欒を楽しむヘジン。

遅れて父が銭湯から帰宅すると、そこにはなぜかソンジュンが。

 

ソンジュンはヘジンを送迎していました。

そこでヘジンは両親が貯めてくれていた通帳を見つけます。

両親の優しさに涙し、ソンジュンもそんな温かい家族の一員になれる事を嬉しく思うのでした。

 

そしてオフィスの話題はシニョクに。

シニョクはいったい何をしているのだろうと皆で話していました。

シニョクは世界中を飛び回り、旅を続けていたのです。

 

ついに自分の児童書を発行したヘジン。

本に載った自分の名前を見て、ヘジンは嬉しく思うのでした。

 

そしてオフィス。

モスト編集部では、ソンジュンはいつもどおり部下たちを厳しく指導していました。

そこで思い付いたように紙を配り出しました。

そう、ヘジンとの結婚式の招待状でした。

部下たちは皆驚きを隠せません。

 

そしてハリも無事に仕事が決まりました。

ハリはヘジンの結婚を祝い、手作りで冠と花束を渡すのでした。

 

迎えた結婚式の日。

2人は幸せに結ばれたのでした。

ヘジンとソンジュンの結婚式、そして親友ハリの就職。

ハッピーエンドだらけで幕を閉じたのでした。

「彼女はキレイだった」まとめ

当初ヘジンと再開したソンジュンは、すごく優しそうな印象でした。

しかし仕事となると、厳しく指導する。

そんなギャップにやられましたね。

今の自分の姿を恥じていたヘジンでしたが、最終的には自分らしさを生き生きと出せた女性となりました。

おてんばなヘジンと、しっかり者だがちょっと抜けてるソンジュンの、幸せな物語でした。

\  全話イッキ見!  /U-NEXTで無料視聴31日間無料