太陽の末裔

【太陽の末裔】ネタバレ感想11話12話!殺人ウイルスからミョンジュを救えるか?!迫るタイムリミット!

太陽の末裔

軍人のシジンと医者のモヨン。

様々なトラブルを乗り越え、モヨンが遺言として録音したシジンへの告白がバレてしまい、二人はようやく結ばれる事に。

デヨンとミョンジュの身分を超えた恋も、ついに父親の司令官から許可が下りる事に。

そんな幸せの絶頂の中、致死率50%以上のの恐ろしいウイルスがミョンジュに降りかかる。

次々に巻き起こる驚きの展開に目が離せませんね!「太陽の末裔」11話12話のあらすじをネタバレつきで紹介します。

太陽の末裔
【太陽の末裔】動画を2話目以降も無料視聴できる配信サービス!全24話日本語字幕&吹き替えあり韓国ドラマ、太陽の末裔の1話、2話から24話(最終話)までを日本語字幕で無料視聴する方法について紹介します。 2016年の賞レースでは作品、女優賞、男優賞を総なめにした韓国ドラマの名作中の名作。 太陽の末裔は、韓国ドラマでは一番最初に見てほしいおすすめ作品です。 pandora、デイリーモーションやユーチューブなどの無料視聴情報も確認しています。...

【太陽の末裔】ネタバレ11話12話

第11話

隔離された手術室で、検査結果を持って帰ったデヨンに強く抱きしめられた事で自分の感染を悟ったミョンジュ。

デヨンと一緒なら何も怖くない。と話していたミョンジュも「さすがにこれは少し怖い」と涙を流す。

しかし、すぐに気丈になりシジンにデヨンを連れて出ていくように頼む。

ここに居る、というデヨンに「感染者の私と接触者は別で隔離します。これは診断で命令です。」ときっぱりと指示を出すのだった。

デヨンはモヨンにミョンジュがどうなるのかと聞く。

モヨンは「医療に絶対はない。でも彼女のように若くて健康な人の場合免疫力があるので危険度は下がります。」と答えた。

しかし、現実には免疫力が災いになる事があるのだとモヨンはシジンにだけ伝えるのだった。

モヨンとシジンはメディキューブでM3の感染者が出た事をそれぞれのチームに説明し、メディキューブを治療の拠点施設とし、感染防止の衛生管理には徹底的に従うようにと指示を出す。

シジンが本部の大隊長に報告に行くと、大隊長からはウイルス扱いを受け、ミョンジュを米軍の病院へ移してはどうかと勧められる。

シジンはウイルスという初めての敵と闘うには原則を守らないと、と決して譲らなかった。

医師のサンヒョンも時を同じくして高熱が続き隔離されていた。

そんな中、韓国の同僚医師ジスにM3に関するネットにない文献を送るように手配をする。

モヨンが一息ついていると、シジンがやって来てお互いに状況を話す。

「そういえば血液型は?」と聞くシジンに「私はあなたの奥方」とモヨンが返答。

普段とは逆で、冗談でシジンを元気づけるモヨン。シジンは照れたようにとても嬉しそうに笑う。

モヨンがお化け村の子供たちにウイルスがあるから別の場所に移る事を説明している最中に停電が起こる。

いつもの事だったが、今回はチン所長の人工呼吸器の電源が落ちている事に気付く。

急いで隔離病棟に向かうモヨン。

隔離病棟では、近くにいた研修医のチフンが防護具もマスクも着用せずに飛び込み、発作を起こしガタガタと痙攣しているチン所長を必死で抑え込んでいた。

ミョンジュも急いで鎮静剤を打つが、その前にチフンはチン所長に腕を噛まれてしまう。

チフンは噛まれた事など構わずに心音を確認し必死で心臓マッサージを始める。

電気も復旧し、チン所長のバイタルも安定した所でモヨンはチフンの噛まれた腕を治療する。

隔離病棟では、以前チフンが置き去りにして逃げてしまった作業員も食事の運搬の手伝いで来ていて全てを見ていた。

モヨンは治療をしながらチフンに「噛まれた事で感染の危険は高まった。でもあなたが居なければ患者は死んでいた。もう立派な医者ね」と声を掛ける。

作業員からも「医者らしかったな」と声を掛けられ、チフンは自責の念から解かれて泣きじゃくってしまう。

翌日子供たちはメディキューブを出発し、関係者全員の血液検査の結果が届く。

全員陰性で喜ぶ一同。

デヨンは隔離を解かれ直ぐにミョンジュの元へ行くが、食堂より緊急事態発生の連絡が入りシジンと向かう。

食道にはアーガスが来ていた。モヨンは怯えるファティマを背中に庇い、空気が凍っている。

シジンを見つけたアーガスが「チン所長に会いに来た。」と告げる。ダイヤに関する情報を引き出しに来たらしい。

シジンは冷静に対応するが、アーガスが懐に手を入れたため部隊員全員が銃を構える。

アーガスが懐から出したのはM3に有効とされる免疫薬だった。

チン所長と大事な話があるから救ってくれよ。と言い残して去って行った。

アーガスの口ぶりから、アーガスが米軍の作戦に気付いている事がわかった。

駐屯地の戦力も把握され、警戒を強化する事にするのだった。

サンヒョン医師の高熱は一般的な風邪だった。サンヒョンは体調を崩している中、必死で集めたM3の資料からセフォタキシムというライム病の治療薬が高確率で有効である事を突き止めていたのだった。

看護師のジャエはサンヒョン医師との恋の駆け引きに不満を抱えながらも抜かりなくセフォタキシムの依頼をダニエル医師に行っていた。

ミョンジュは隔離病棟で自分の異変に気付いていた。目のかすみ、高熱。

父親に電話を掛けて自分を励ますためにも話始める。

自分がウイルスに勝つ事。そして勝った時には二つのお願いを聞いて欲しい。と…。

一つはウルクへ派兵前に父に言った酷い言葉を許して欲しいという事。

そしてもう一つは、自分が元気になったら、死ななかったら、デヨンに軍を辞めさせないで欲しいという事。

本当は話を聞いていた事、デヨンと一緒に居たいから知らないふりをした事、そして、父親が娘を心配しているのに娘が彼の事を心配していている事、ごめんなさい。

と泣きながら伝えた。モヨンがやって来て注射の時間だからと電話を切るが、同時に倒れてしまう。

ミョンジュの熱は41度まで上がり、浴槽に氷水を張った中で体を冷やす緊急処置が取られる。

そんな中、届くはずの薬が届かずダニエルからの連絡が入る。薬を搬送中に襲われて奪われてしまっていた。

時を見計らったようにシジンの携帯電話にアーガスから車とダイヤを交換するという取引の連絡が入る。

仕方なく取引に応じ、何とか薬は間に合いミョンジュの容態は安定するが、その騒動の最中モヨンとファティマは地元警察に連行されてしまう。

翌朝、シジンはモヨンの所在を確認すると警察に連行された事を知る。

アーガスに引き渡された可能性を考え、すぐに警察へ向かう。

道中、ファティマが拘束された姿で道に立たされており、シジンは慌てて駆け寄るとファティマは足を銃撃されてしまう。

そこへアーガスとその手下、拘束されたモヨンが現れる。

アーガスはモヨンを返して欲しければ、午前二時、取引後に殺される筈の自分に脱出ルートを用意しろ。いつかのように助けてくれ。とモヨンを連れ去ってしまう。

シジンはファティマを搬送後、すぐに本部へ報告に行く。

大隊長は救出の許可を出さない。

大隊長の元には2本の電話が入る。1本は政府、外交保安主席。1本は司令官からだ。

外交保安主席の電話を受ける大隊長。

外交保安主席は単刀直入に「拉致ですか?」と聞くがシジンが「拉致は確かです」と返答しても「CIAと話が違う。米軍に確認を取るまでは機密保持をし待機するよう釘を刺すために連絡をした。」と悠長な対応。

「時間が無いんです」というシジンに「個人の死になど構っている場合か、国家レベルの問題だぞ」という返答をする外交保安主席。

シジンは耐え切れず「個人の死をなんとも思わない国家か。それがあんたの祖国?僕は自分の祖国を守る。」と飛び出してしまう。

シジンが車で出ようとすると本部の門が閉ざされてしまう。

そこへ司令官より門兵へ電話が入りシジンへ代わる。

司令官は「3時間だ。君は3時間行方不明になる。その間は軍の人間ではない。」と事実上の助け舟を出されシジンは動き出す。

シジンは駐屯地で軍服を脱ぎ、ドッグタグを外す。

デヨンに「ちょっと外出する。」と最後の別れの無線をする。

アラブ議長に以前貰ったカードでヘリを用意してもらい、街で武器も揃え命がけの単独救出へ向かう。

第12話

デヨンはシジンと連絡が取れず不審に思う。脱いでいった軍服と外したドッグタグを確認し、モヨンが警察に連行された事を知り全てを察する。

ミョンジュにドッグタグを預け、必ず帰る約束をしてアルファチームの精鋭を招集する。

集まったメンバーに隠密作戦の開始を伝え、簡潔に軍からの指令では無く戻れないかもしれない事を告げる。

抜けたい者は抜けろ。と聞くが誰一人として抜ける者は居なかった。

シジンは素早く静かに敵を倒し、アーガスのアジト内部に着実に進んでいた。

内部の一角で子供たちが拉致されているのを発見する。ちょうどその頃アーガスから部下に子供を処分するよう命令が入る。

連絡を受けた部下たちが異変に気付き駆けつけるがシジンは次々と倒していく。

しかし、背後から子供に銃口を向けた敵が現れ、シジンが手を挙げた瞬間に背後から前方の敵を狙い撃つ援護射撃が。

助けに来たアルファチームの仲間だった。

シジンの指示で子供の保護とモヨン救出チームに分かれて進む。

韓国では会議が行われ、覚悟を決めたユン司令官が外交保安主席に隠密作戦の指示を出した事を告げていた。

自分の誇りと名誉と部下達を守るために「全責任は自分が取る。」と啖呵を切っていた。

アジトでは約束の2時になり、アーガスとシジンが対峙していた。

シジンは連れ出されてきたモヨンに殴られた跡があるのを見て怒りを覚え銃を構える。

部隊に射撃準備の指示を出すが、モヨンにダイナマイトが付けられスイッチをアーガスが握っているのを確認し中止させる。

シジンは部下に爆弾の仕組みを確認させる。

アーガスがモヨンに銃口を向けると、瞬時にそれを打ち飛ばす。

部下がダイナマイトのスイッチの送信機がモヨンの左肩に付いているのを確認する。

シジンは、モヨンに「信じて。絶対に動かないで。」と言い送信機を打ち抜く。

それを合図に待機のデヨンも一斉に射撃をし敵を倒す。

モヨンのダイナマイト付きのベストの解体に間に合わず窓から投げて爆発させた所でアーガスが起き上がり再びシジンに発砲を始める。

シジンは「これは忘れて」とモヨンの目元を隠し、涙を流しながら、かつての戦友アーガスを射殺する。

ヘリで退却する中、司令官から通信が入る。シジンは任務が終了し、どんな懲戒も甘んじて受けます。と報告する。

司令官は、「ご苦労だった褒賞も無いが懲戒も無い事が褒賞の代わりだ。」と会議の席で全員に聞こえるようにはっきりと言った。

会議室では、それを聞いた外交保安主席がユン司令官を責め立てる中、大統領がやって来る。

大統領は、「救出に成功したのに責任を取る必要はありません。残るは政治と外交の問題です。それは私の責任です。」と救出と無事に戻ってくれた事に感謝の意を伝え頭を下げるのだった。

無事に駐屯地へ戻った一同。

デヨンは隔離病棟のミョンジュの元へ行く。ミョンジュは目に涙を溜めてデヨンの無事を確かめる。

シジンが1人でそっと、アーガスと撮った写真を燃やしているのをモヨンは見つける。泣いているシジンの目を今度はモヨンが隠し「今度はあなたが忘れて」と、慰める。

その後モヨンは、左肩に掠った銃創の処置をしてもらいながら、普段と変わらぬ仲間の風景を見て涙がこみあげてくる。

翌日、モヨンはファティマの容態をシジンに聞く。シジンは本部で治療を受けていて経過は良好だ。と答える。

モヨンは「本当に?よく嘘をつくから」と疑ってしまう。今までシジンがモヨンに心配かけまいと嘘をたくさんついていた事がわかっているからだ。

その嘘の裏で誰かの命が脅かされていて政治や外交や国が動いている。

だから嘘をついた事を責めたり拗ねたり出来ない。

そして私たちは何も喋れなくなる、私はただ何でもない小さな事を話をしたいのに。

体を張って弾を防ぐ人にそんな話は出来ない。とモヨンは自分の思いを打ち明ける。

シジンは、そんなモヨンの辛い思いを受け取り「僕と別れたいですか?」と言わなければいけなかった。

モヨンは「私に受け止められる人なのか、分からない」と、その場を離れてしまう。

医療奉仕団は帰国日が決まり、研修医のチフンもウイルス感染していない事がわかった。最後の回診をし、それぞれのウルクでの思い出を締めくくる。

モヨンはシジンをコーヒーに誘い、回廊へ持って来てくれるように頼む。

シジンはモヨンから別れを告げられるのかと思っているのか深刻な表情だ。

シジンが回廊に行くと、コーヒーで両手がふさがったシジンをモヨンは抱きしめて何でもない小さな事を話した。

そしてモヨンは「これから私はささいな事も話すわ。あなたをうけ止めてみる。だからあなたも、私の話を受け止めて。その代わり一つだけ約束して。不安がる権利をくれる?私が本当に心配すべき時は教えて、仮にデパートに行くと言えば大変な作戦なんだと理解する。あなたの身が危険な時にのんきに笑っていたくない。」と自分の答えをだした。

それから、帰国までひと時の平和な時間を過ごす。

ファティマは回復し、街の食堂の女店主に後見人になってもらう事が出来た。

帰国の日、サイレンが鳴り、皆が悲惨な災害を思い出しながら黙祷する。

そうして、医療奉仕団のメンバーは帰国し、本国での日々がまた始まるのであった。

【太陽の末裔】11話12話の感想

11話の見どころは、ウイルスに感染したミョンジュの強さ、そして、デヨン、父親に見せる弱さですね。

ミョンジュが本当にデヨンを愛している事、そして素敵な女性だなと見入ってしまいます。

駐屯地のメンバーが一丸となってウイルスと闘う中、密輸組織まで襲い掛かって来て息つく暇もない展開です!!

12話の見どころは、モヨン奪還作戦ですね!!緊迫感のある作戦の中で、それぞれの複雑な感情が交錯します。

ユン司令官も、軍人の誇りとリーダーとしての仕事を果たしてカッコよかったです!

そして、シジンとモヨンの想いを伝えあうシーン。

台詞の一つ一つに今までのストーリーの要素が重くのっかっていて、2人の感情に視聴者が入りやすくなっています。

モヨンも、シジンを本当に理解した上で受け止める決意をし、今後の展開が楽しみです。

太陽の末裔
【太陽の末裔】動画を2話目以降も無料視聴できる配信サービス!全24話日本語字幕&吹き替えあり韓国ドラマ、太陽の末裔の1話、2話から24話(最終話)までを日本語字幕で無料視聴する方法について紹介します。 2016年の賞レースでは作品、女優賞、男優賞を総なめにした韓国ドラマの名作中の名作。 太陽の末裔は、韓国ドラマでは一番最初に見てほしいおすすめ作品です。 pandora、デイリーモーションやユーチューブなどの無料視聴情報も確認しています。...