麗 花萌ゆる8人の皇子たち

【麗】ネタバレ15話~16話を感想付きでまとめ!ソの孤独の行方は?

韓国ドラマ『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』もかなり佳境に入ってまいりました。

ワン・ヨが次の皇帝となるという最悪の事態に、嫌な予感しかしませんね。

それぞれの皇子の恋や思惑、そしてヘ・スの運命の行方をご覧ください。

麗はU-NEXTで独占見放題配信中です。

 

\  全話イッキ見!  /U-NEXTで無料視聴31日間無料

配信状況については、2020年5月16日時点の情報になります。最新の状況は各配信サービスでご確認ください。

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~ネタバレ

麗の15話、16話のあらすじをネタバレありで紹介します。

これから麗を視聴予定の方は、ネタバレには注意して下さい。

第15話

ソはヨから自分が本当に大事なのは皇帝かヘ・スかと聞かれます。

ヘ・スはヨに人質に取られ、首に剣を当てられています。

ヘ・スの不安な表情と、彼女を助けたい一心でソはヨに新しい皇帝への寿ぎの言葉と万歳を悔しながらも繰り返します。

次の皇帝に就いたワン・ヨは定宗となり、今まで自分を反対分子として扱った人々への粛清を開始します。

第10皇子ウンの屋敷を襲いますが、ウンは妻のスンドクを連れて逃げたため、二人の執拗な探索が開始されます。

その間に定宗とユ皇后は屋敷からウンの祖父であるワン・ギュの処刑を見物しながら、ソにウン夫妻の殺害を命じます。

断固拒みたいものの、ペガ、ジモン、ヘ・スを助けるためと定宗に宣言されて、他の道はありません。

スンドクの父であるパク大将軍にこのことを話し、何とか打開策を見つけようとします。

恵宗に2年もの間水銀を飲ませ続け、殺してしまったのはすべてウクの書いたシナリオでした。

それを知らずに逃げ続けているウンは助けてもらう兄の中にウクやソ、ペガの名を出しますが、妻のスンドクとたまたま出くわして匿ったヘ・スから反対されます。

今や皇子の誰がウンの味方であり、敵なのか判然としないからです。

巷ではソが今の定宗の犬となり、ウンを陥れて暗殺を企んでいるという噂がまことしやかに囁かれています。

しかし、ソの真意はウンを見つけて助けることでした。

ソは運命を見る力のあるジモンを問い質しますが、ジモンは「天の運命を変えることはできない」と言いながらも「第3皇子は皇帝になる予定ではなかった・・何かが狂い始めている」と不安を煽ります。

定宗からの逃走の中で、今までぎこちなかったウンとスンドクの仲は深まっていきます。

今まではただの政略結婚だった関係から、お互い逃げながら話をしていくうちに、二人の間には愛情が芽生えます。

宮廷から追われるウン夫妻ですが、そんな中で束の間の幸せと愛情を噛み締めますが、その時間はすぐに破られます。

ヘ・スが逃がそうと段取りを付けますが、それはすべて兵に筒抜けでした。

ペク大将軍の娘としてウンを守ろうと敵に向かうスンドク。

今では確実に彼女を妻として愛したウンは彼女一人を戦わせることはできないと、自らも兵の中に飛び込んでいきます。



第16話

ウンを助けようとしたスンドクは命を失ってしまいます。

その時、兵たちの矢は一斉にウンに向けられますが、その中でもウンはソに請い願います。

スンドクの死ですべてが嫌になったウンは彼女を一人で死なせはしないと、自分の首を斬るように頼みます。

苦渋の決断の末、ソは自分の剣でウンの首を斬りますが、返り血を浴びたその顔はヘ・スの見た幻想や幻覚そのものです。

傍目にはソが定宗から逃げていたウンを処罰した形ですが、実際には違います。

ソはこの時、血塗れの顔のままで、皇帝の首輪を噛みちぎって、それに逆らう犬になることを強く心に誓います。

そんな気持ちに気付かずに、定宗はソの行動を褒め称え、ソを工事現場の監督に据えて西京行きを宣言します。

2年経ち、ソからは何の便りもないものの、彼を待つヘ・ス。

ヘ・スは今では血塗れの彼の顔を怖いとは思わなくなっていました。

彼がウンを手にかけた理由と気持ちが痛いほどわかり、ますます彼の孤独と寂しさを愛しく思うようになっていました。

歴史で習った「血の皇帝」は理由もなく無残に兄弟を殺したわけではないと今ならわかります━━光宗も苦しんでいたのだ、と。

ウンが亡くなってから、定宋は気がふれたように幻覚を見たり、幻聴を聞くようになります。

怒りは工事の進捗状況に向けられ、ソとウクに無理難題を叫び続ける定宋はどう見ても異常です。

定宗の病は益々酷くなり、四六時中ウンの命乞いの声や、太祖の姿に苦しめられ、衰弱していきます。

ヘ・スはソを心配しながらも、たまたま庭で出くわせば、まずい空気になってしまいます。

ソは2年前のウンを手にかけたことでヘ・スから嫌われたと信じ込んでいたからです。

しかし、へ・スはソが西京で腕を怪我したと聞いてはいてたってもいられなくなり、傷の深さに涙しながらそっとソの腕を治療します。

愛しいヘ・スから「まだ私を愛していますか?』と心を訊かれ、ソは返事の代わりに口づけをかわします。

そして、今から自分が時期皇帝の座を目指すことを夜空に瞬く星に誓うのです。



麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~15話・16話感想

とうとう「血の皇帝」と呼ばれる光宋の姿が垣間見えてきました。

今では光宋の気持ちの全てを理解しながらも、ソとすれ違うへ・スのやり取りはもどかしい限りです。

最後になって、やっとペガの協力により、へ・スとソが会えて気持ちを通じ合わせた時にはこちらまで嬉しくなりました。

しかし、2人にはまだまだ過酷な運命が待ち受けています。

残り4話となり、ここから更に激動へと向かうソとヘ・スの未来を見逃さないで下さい。

麗はU-NEXTで独占見放題配信中です。

 

\  全話イッキ見!  /U-NEXTで無料視聴31日間無料