BTS

【BTSの歴史】ライブ&アルバム総まとめ!デビュー前から2021現在までの軌跡

水族館

今や世界中で大人気グループとなったBTS。

ここまで来るのに、順風満帆だった訳ではありません。

いまこそ誰もがしっているような人気グループBTSですが、デビュー前の意外な裏話も。

実はオーディションに落ちまくっていたり、俳優志望だったメンバーもいるんです!

そこで、今回はBTSの歴史と称してデビュー前の活動から現在までに発表されたライブ&アルバムをまとめてみました。



【BTSの歴史】デビュー前の活動

BTSはジン・シュガ・ジェイホープ・RM・ジミン・テテ・ジョングクの7人。

それぞれのデビュー前の活動を調査してみました。

夢は俳優だった!?:ジン(キム・ソクジン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

本名はキム・ソクジン、1992年12月4日生まれの現在28歳。

BTSでは最年長メンバーです。

BTSメンバーになる前は俳優を目指して「建国大学映画芸術学科」に進学。

ミュージカル俳優として活躍するために、舞台の勉強をしていたようです。

中学生の時にBigHitにスカウトされるも一度は断っています。

ですが、再度スカウトされたことによりオーディションを受けることに。

オーディションでの評価はいまいちだったのですが、無事練習生としてメンバーと合流しました。

BTSジンの兵役はいつから?免除、全員入隊の可能性は?



IQ148の秀才!RM(ナムジュン・ラプモン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

本名はキム・ナムジュン、1994年9月12日の26歳。

BTSのリーダーでIQ148は全国で1.3%しかいない秀才です。

英語が流暢なRMなのですが、なんと勉強方法は独学

海外ドラマを見て英語を勉強したのだとか。

15歳の頃には、BlockBジコとのコラボなど、アンダーグラウンド界ではかなり有名だったみたいですね。



バイトと音楽制作の両立:シュガ(ユンギ・ミンシュガ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿


本名はミン・ユンギ、1993年3月9日生まれの28歳。

音楽に対して人一倍情熱を注ぐシュガは、両親や教師などの反対を受けながらも音楽活動を続けてきました。

RMと同じくアンダーグラウンドで活躍しており活動名は「gloss」

両親から反対されての活動だったので、自らバイトをし、生活費を稼ぎながら音楽活動をしていたようですね。

かなりの苦労人です。

ユンギの彼女はスランで熱愛確定?ペアルックや匂わせを徹底検証!

オーディションを何回も落ちた!?:ジェイホープ(ホビ・ホソク)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

本名はチョン・ホソク、1994年2月18日生まれの27歳。

地元ではかなり有名でストリートダンサーで知名度も高かったようです。

BTSメンバーの中ではダンスが一番うまいと言われていますね。

様々なオーディションを受けるも中々受からず…

そんな時、BigHit関係者が参加するオーディションでようやく合格となったのです。

ホソクと彼女の画像が流出!?TWICEチェヨンとの熱愛はホントなの?



主席で高校入学頭脳明晰:ジミン

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

本名はパク・ジミン、1995年10月13日生まれの25歳。

韓国芸術大学を主席で合格し、将来は芸大舞踊の担い手にと期待されていたようです。

上京後に芸能界入りを目指すことになるのですが、期待していた周囲は反対。

その反対を押し切り、練習生となりました。

BTSメンバーに入るまでに何度も落第させられそうになったこともあったそうです。

BTSの隠れた最終兵器:テテ(V・テヒョン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

本名はキム・テヒョン、1995年12月30日生まれの25歳。

四次元と言われるほど不思議な魅力を醸し出しているテテ。

BTSの隠れた最終兵器としてデビュー前まで非公開だったメンバーです。

学生の頃にサックスを習っており、大会で金賞を獲得した経歴も。

将来はアーティストになりたいという夢がありました。

加入後は、ラッパーかボーカルかと事務所側は悩んでいたようなのですが、歌唱力も抜群ということでメインボーカルとして選出されたそうです。

テテ出演の「花郎」無料視聴方法

BTSテテの現在の彼女が意外!熱愛10人のうち、本命はツゥイだった?

グクテテが親密すぎ!熱愛匂わせがガチなのか調べてみた

BTSのアイドル:ジョングク(グク)

 

この投稿をInstagramで見る

 

BTS official(@bts.bighitofficial)がシェアした投稿

本名はチョン・ジョングク、1997年9月1日生まれの23歳。

ジョングクがBTSに加入したのはまだ中学3年生の頃でした。

年上メンバーばかりで故郷も離れていたことから、毎日不安で泣いていたそうです。

しかし、メンバーはそんなジョングクを本当の弟のように可愛がってくれています。

黄金マンネとも言われていますね。

アメリカへダンス留学したこともあり、ダンス・歌唱力共に抜群で今ではBTSになくてはならない存在です。

BTSメンバーの年齢や身長、プロフィール!バンタンの仲良しエピも紹介!

2013年のBTS

BigHitエンターテイメントからデビュー。

無名の会社からのデビューでしたが、当時珍しいヒップホップスタイルで「ヒップホップ戦士」という言葉を復活させ、新人にしては長めのデビューステージを獲得しました。

12月には

  • メロンミュージックアワード
  • ゴールデンディスクアワード
  • ソウル歌謡大賞

新人賞を獲得しています。

アルバム

・6月:2 COOL 4 SKOOL
・11月:O!RUL8,2?



2014年のBTS

6月4日に日本デビューを果たし、日本での1枚目のシングルは週間チャートで8位にランクイン。

順調に見えますが、アルバムでは中々実績を残すことができませんでした。

アルバム

・2月:SKOOL LUV AFFAIR
・8月:DARK&WILD

ライブ

The Red Bullet 

2015年のBTS

メンバー自身がSNSを投稿するマーケティングと、他のグループとは違うコンセプト、迫力あるダンスで日本で着々とファンが増えていきます。

この年初めて音楽チャートで1位の座を獲得しました。

青春メインの「花様年華」でビジュアル面も派手で反抗的なメイクから青年らしいメイクにするなどし、大ヒット!

BTSにとって人気に火をつける大きな転機となった年でした。

アルバム

・4月:花様年華pt.1
・11月:花様年華pt.2

ライブ

・The Red Bullet
・BTS 1st Japan Tour Wake Up
・花様年華 On Stage



2016年のBTS

2015年から完全に軌道に乗ったBTSの勢いはこの年さらに加速します。

「WINGS」では、初めてメンバーそれぞれのソロ曲を発表し注目を浴びました。

アルバム

・5月:花様年華Young Forever
・10月:WINGS

ライブ

花様年華 On Stage

2017年のBTS

5月、6年連続受賞のジャスティンビーバーを破って「トップソーシャルアーティスト賞」を獲得。

これをきっかけにアジア圏だけではなく、アメリカを含む世界中から愛されるようになっていきます。

Youtube動画再生数でもランクインし、アジア発のグループ賞を受賞。

アジア発のグループが賞を受賞したと、現地メディアからも大きな脚光を浴びることになります。

アルバム

・1月:THE BEST OF 防弾少年団
・2月:WINGS外伝: You Never Walk Alone
・9月:FACE YOURSELF

ライブ

The Wings Tour

2018年のBTS

韓国アイドルは契約更新の7年目で解散することが多いことから「7年のジンクス」という言葉があるほどデビューから7年目は重要な時期となっています。

しかし、BTSメンバーは迷うことなくBigHitエンターテイメントと再契約。

契約期間を1年残して再契約を交わした際、「K-POP界にまた新たな道が開けるのではないか」と期待が寄せられました。

アルバム

・5月:LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’
・9月:Love Yourself 承 ‘Her’ 

ライブ

Love Yourself World Tour 

2019年のBTS

この年初めてアルバムでユニット曲を発表しました。

メンバーは

  • シュガ&RM
  • テテ&ジェイホープ
  • ジン&ジミン&ジョングク

また、ザラ・ラーソンやジュースワールド、チャーリー・エックス・シー・エックスの3人と共同で制作した曲も発表しています。

アルバム

4月:MAP OF THE SOUL: PERSONA

ライブ

・Love Yourself World Tour
Speak Yourself World Tour  

2020年のBTS

8月に大ヒットシングル「ダイナマイト」を発表し、全世界で配信。

今や知らない人はいないくらい大人気の曲となりました。

この曲でビルボード100で初登場1位を獲得し、2週連続で首位を飾りました。

また、フェイバリット・デュオ、グループ・ホップ、ロック賞とフェイバリット・ソーシャル・アーティスト賞の二冠を受賞。

12月には第12回メロンミュージックアワードにて、3つ全ての大賞を含んだ六冠を受賞。

翌日にはMネット・アジア・ミュージック・アワードにて4つ全ての大賞を含んだ八冠を受賞しています。

衰えるところを知らないと言えますね。

アルバム

・2月:MAP OF THE SOUL: 7
・8月:DYNAMITE
・11月:BE

ライブ

・BTS Map of the Soul Tour
Map of the Soul Tour

2021年はButterでビルボードランキング1位に!

3月に第65回グラミー賞でアジア人歌手として初めてノミネート。

5月には「Butter」を発表し、ビルボートランキング1位に!

ビルボード・ミュージック・アワード2021にてトップデュオ・グループ賞、トップ・ソング・セールス・アーティスト賞、トップ・セールス・ソング賞、トップ・ソーシャル・アーティスト賞の四冠を受賞しています。

アルバム

5月:BUTTER

まとめ

今回は、デビュー前の活動や歴代アルバム&ライブについてご紹介してきました。

現在、コロナウイルスのためライブ活動は自粛されていますが、常にファンに新しい情報や映像を発信し続けてくれているBTS。

今後どんな楽曲を発表してくれるのかとても楽しみですね!